お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Amazon「Kindle」は読書ツールのiPodとなるか?

2007年11月26日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonが待望の電子ブックリーダー「Kindle」を発売しました。一通りの特徴を挙げると、1)携帯電話ネットワークで本体から直接アクセスできるオンラインストアには9万タイトル以上の書籍が揃い、それらのほとんどが9.99ドルで提供される。2)本体には約200冊の書籍を格納でき、標準SDメモリカードは約1000冊分の容量にまで対応可能。3)新聞、雑誌、著名ブログ、Wikipediaにアクセスできる。4)各機器に割り当てられたメールアドレスにWord文書や画像ファイルなどを送信できる。5)総重量は約292g。スクリーンには白黒の「電子インク」を用いており、バックライトはない。

 果たしてKindleは、AmazonのCEO、Jeff Bezos氏が期待しているように、「読書ツールとして音楽プレーヤーのiPodに匹敵する存在」になるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    自分の本棚にある書籍を何の手間や苦労もなくジャンジャカ入れられれば、もしかすると「読書ツールとして音楽プレーヤーのiPodに匹敵する存在」になるかもしれません。あるいはせめて、紙の書籍を買ったらもれなくkindle用のデータも付いてきます、とか。

    個人的には、図書館や学校に紙の書籍を補助するデバイスとして入るとおもしろいかもな、と思います。逆に言えば、設計思想にしてもデザインにしても、そういう方面のテイストを何らか感じさせてしまう。きょうび、そういうのはあんまりウケませんね…。
    2007-11-25 11:11:37
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社