お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

あらためて、Web 2.0って何だったんだろう?

2007年11月19日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Web 2.0の提唱者、ティム・オライリーが10年ぶりに来日しました。新しい時代のウェブを表す言葉として一気に浸透し、一方でバズワード的に使われる向きもあった「Web 2.0」というキーワードが、改めて本人の口から語られることで息を吹き返したようにも思えます。オライリー氏は日本での講演の中でWeb 2.0を、「その形態はもちろん、ビジネスモデルも、どれだけ多くの人を巻き込んでいるかという点でも、まだ発展途上にある」と述べていますが、パネリストの皆さんはWeb 2.0というキーワードについてどのように考えているのでしょうか。またWeb 2.0が発展した姿とはどのようなものなのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 木村誠司
    木村誠司さん (株式会社ウェブシャーク 代表取締役CEO)
    WEB2.0 = 蒼天己死
    (漢の王朝はいま腐敗してるよー♪ 死んでるよー♪という意味)

    それぐらい都合の良いキーワードだった。商売としては大チャンス。先頭を走る企業を「あぁ、あそこは1.0企業ですからねw」とか決め付けれたりするナイスキーワード。こんな素晴らしいキーワードは過去に無いよね。

    WEB2.0の意味?そんなもん最初から大して無いよね。みんなわかってるよ。ただ商売人は「これは使える!」と喜んだ。センスの悪い商売人は「WEB2.0(笑)」となった。めっちゃセンスの良い企業は「うちはWEB2.0企業とか興味ないですから」といいつつそれっぽい商売をやった。

    エキサイティングなキーワードだよね。

    まだまだ長生きしてもらいたいな。
    無意味にWEB2.0を批判してる人たちはもう少し考えたほうがいいと思うな。意味なんてあろうが無かろうが関係ないもんね。要は何をもたらすかだよ。

    俺は「アルファブロガー(笑)」とは言わない。

    2007-12-07 18:31:23
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社