お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

あらためて、Web 2.0って何だったんだろう?

2007年11月19日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Web 2.0の提唱者、ティム・オライリーが10年ぶりに来日しました。新しい時代のウェブを表す言葉として一気に浸透し、一方でバズワード的に使われる向きもあった「Web 2.0」というキーワードが、改めて本人の口から語られることで息を吹き返したようにも思えます。オライリー氏は日本での講演の中でWeb 2.0を、「その形態はもちろん、ビジネスモデルも、どれだけ多くの人を巻き込んでいるかという点でも、まだ発展途上にある」と述べていますが、パネリストの皆さんはWeb 2.0というキーワードについてどのように考えているのでしょうか。またWeb 2.0が発展した姿とはどのようなものなのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 本間毅
    本間毅さん (Business Strategy, Sony Electronics Inc. Digital Reading Business Division)
    間違った使い方も含めて余りにも広く浸透してしまったので、言葉としての役割はもう終えているかなというのが正直な印象ですが、これまでに及ぼした影響たるや、近年まれに見るものがあったのは間違いありません。

    ネットのカルチャーの中で、ユーザーにとってベネフィットをもたらしうるポイントを、良いところだけピックアップし、サービス提供者側に分かりやすく説くことで、多くのサービスが企業の垣根を乗り越え、まさに次のインターネットの時代へと進むことができました。

    ネットの主権を企業からユーザーに取り戻し、これまでのメディア構造の中で支配を強めていたマスメディアの変容を促した点では、単なるネットの進化系という範囲にはとどまらない影響を与えたといえます。

    個人的には「Web2.0」の次は「Web3.0」という議論には全く興味がありませんが、同じような視点から業界全体に示唆を与えるメッセージを創り上げることは、今後のネットの発展にとっては意味のあることだと思います。
    2007-11-19 05:53:47
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社