お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

秋冬モデル登場、ケータイの進化は止まらない?

2007年10月22日 15時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 au携帯電話の秋冬モデルが発表されました。2.8インチQVGA有機ELディスプレイや、au×sonyのコラボレーションによる音楽サービスの強化、待ち受け画面へのGoogle検索窓の設置、さらにほとんどの機種がワンセグを搭載するなど、非常に高機能なラインアップとなっています。このあとソフトバンクモバイル、NTTドコモも秋冬モデルの発表を行いますが、携帯電話端末は今後どのような方向に進化していくのでしょうか。ユーザー、そしてキャリアにとって、周辺サービスも含めた差別化要因はどのような点に移っていくのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 高瀬徹朗
    高瀬徹朗さん (放送ジャーナリスト)
    ワンセグは、数年前に一度コケた有機ELディスプレイ端末が続々登場してきたことに感慨を覚えます。KDDIが会見で見せた自信ほど、現状の有機ELが「ワンセグに最適」と評価できるかどうかは微妙な部分もありますが・・・。

     ただ、有機ELの「Woooケータイ」は少し、笑いました。「Wooo」といえばプラズマ/液晶テレビのブランド名ですから。
     「AQUOSケータイ」以降続く大型テレビブランド名を冠した製品には少し、首をひねります。
    2007-10-25 00:21:51
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社