お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エイサー、5万4800円のミニPC「Aspire one」を日本でも発売へ

2008/07/10 23:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイサーは7月10日、エイサーとしては初となるミニサイズPC「Aspire one(アスパイア ワン)」を、8月中旬より発売すると発表した。価格は5万4800円で、カラーはホワイトとブルーの2色。

角が丸く、女性にも好まれそうなデザイン 角が丸く、女性にも好まれそうなデザイン

 Aspire oneは、重さ約1.1キロ、8.9インチの光沢ディスプレイを搭載した249×170×29mmのミニサイズPCだ。1Gバイトのメモリとインテル Atomプロセッサー N270、Windows XP Homeを搭載し、3セルの標準バッテリーで約3時間稼働するという。30万画素のウェブカメラ、USBポート×3、SDカードスロットやメモリカードスロットなども内蔵されている。

 デザインにもこだわり、携帯電話の塗装などで知られる、京都にある日本写真印刷(NISSHA)のIMD(In-mold Decoration)技術「形成同時加飾転写システム」を採用。つややかな曲線を持つ独特なデザインとなっている。

Aspire one(アスパイア ワン)。価格は5万4800円 Aspire one(アスパイア ワン)。価格は5万4800円

 思い立ったらその場ですぐにネットコミュニケーションができるよう、「持ち運べるインターネット」というコンセプトのもとに作ったこの製品を、同社では「ネットブック」と呼ぶ。

 日本エイサー 代表取締役社長のボブ セン氏は、「インターネットにつながるデバイスとして、ケータイやPC、スマートフォンなどがあるが、それらは改善すべき点がある。よりPCを軽く、満足できる使い勝手、その2点を満たす商品がAspire one」と語った。

 2年半前から販売を計画しており、今のタイミングになったのは高い完成度を追求した結果とした。なお、海外ではLinux版が販売されているが年内はWindowsのみとする方針。ライバル製品としては、ASUSのEee PCがあるが、「質感は差別化のポイント。コストパフォーマンスも差別化になると思っている」(ボブ セイン氏)と話した。

真鍋かをりさんもAspire oneユーザーに 真鍋かをりさんもAspire oneユーザーに

 また、タレントの真鍋かをりさんがゲストとして駆けつけた。「ブログの女王」と呼ばれる真鍋さんは自身のブログを紹介しながら、「ブログは不特定多数の人にメールをする感覚で書いている」と話す。ボブ セイン氏よりAspire oneをプレゼントされた真鍋さんは、臨場感を忘れないようにおいしいものを食べたとき、すぐにブログを更新したい、と抱負を語った。

ギズモード・ジャパンのゲスト編集長いちる氏(左)も駆けつけた。順にAcer IncのCampbell Kan氏、真鍋かをり氏、日本エイサー 代表取締役社長のボブ セン氏、インテル マーケティング本部 マネージャの梶原武志氏、マイクロソフト コンシューマーWindows本部本部長の藤本恭史氏 ギズモード・ジャパンのゲスト編集長いちる氏(左)も駆けつけた。順にAcer IncのCampbell Kan氏、真鍋かをり氏、日本エイサー 代表取締役社長のボブ セン氏、インテル マーケティング本部 マネージャの梶原武志氏、マイクロソフト コンシューマーWindows本部本部長の藤本恭史氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社