お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

富士通研究所、紙と電子データの暗号化技術の開発に世界で初めて成功

2008/06/11 10:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所(村野和雄社長)は6月10日、紙や電子データ内の機密情報を部分的に暗号化し、許可された人だけが特定の暗号化された領域を閲覧することができる技術を、世界で初めて開発したと発表した。

 画像スクランブル技術をベースに、セキュリティの強化と画質劣化後も復号を可能にする画像変換を加えた暗号化技術を開発。高いセキュリティを確保しながら印刷や非可逆圧縮後も復号することができる。これにより世界で初めて紙媒体の情報を暗号化・復号することに成功した。

 ドキュメント全体だけでなく、部分的に暗号化することもできるのが特徴。部分暗号化された領域と復号鍵、権限をセットにして対応させることで、権限によってドキュメント内の閲覧可能領域を変更できる。これにより、セキュリティを確保しながら、さまざまな権限の人が1つのドキュメントを共有することが可能。また、テンプレートを用いた暗号化と閲覧権限設定もできるので、面倒な暗号化作業を自動化することもできる。

 これによって情報漏えいに対処しながら情報の共有化を進めることも可能。複数の企業への発注依頼書・障害管理表の共有など、外部との情報共有が必要な組織では特に、セキュリティの確保とコスト削減が期待できる。

富士通研究所=http://jp.fujitsu.com/labs/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社