お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

パイオニア、7.1chサラウンド対応のAVマルチチャンネルアンプ

2008/06/09 10:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは6月5日、最新のサラウンドフォーマットに対応するAVマルチチャンネルアンプ「VSA-LX51」「VSA-1018AH」を、6月下旬より順次発売すると発表した。価格は「VSA-LX51」が15万円、「VSA-1018AH」が11万5000円。

 両製品とも、理論上は原音を100%再現できる最新のサラウンドフォーマット「ドルビーTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」に対応するデコーダーを備える7.1ch AVマルチチャンネルアンプ。「オートレベルコントロール」により、再生時に録音レベルの異なる音声データの音量を自動でそろえて出力する。音質補正技術「アドバンスド・サウンドレトリバー」によって、MP3など圧縮率の高い音声フォーマットでも高音質で再生可能。

 そのほか、3次元自動音場補正システム「Advanced MCACC」や、マルチチャンネル再生の際に起こりやすい低音のズレを解消する「フェイズコントロール」などの技術を採用した。上位機種の「VSA- LX51」は480i/pのアナログビデオ信号を最大1080pのデジタル信号へアップスケールする「ビデオスケーラー」や、自然でなめらかな映像を表示するファロージャ社製の高画質変換回路「DCDi」も搭載する。

 いずれもHDMI出力端子を搭載し、同社のAV機器と連携できる「KURO LINK」機能を搭載。1つのリモコンで対応する複数の機器を操作できる。また、色深度を拡張した「Deep Color」、動画用広色域色空間の国際規格「xvYCC」に準拠した「x.v.Color」に対応する。USB入力端子を備え、iPodなど携帯オーディオプレーヤーとのデジタル接続も可能。本体サイズは、幅420×奥行き433×高さ173mmで、重さは13.5kg。

パイオニア=http://pioneer.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社