お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

次期「iPhone」、22%薄型に?

2008/06/03 14:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneにまつわるうわさがもう1つ。もっと小さくなるという。

 AppleのWorldwide Developer Conferenceが1週間後にせまる今、2007年に引き続き、またしてもiPhoneが異様なほどの注目を集めている。Steve Jobs氏は基調講演で、次世代iPhoneを中心に話をすると思われる。そんな中Wiredは、新しいiPhoneが従来のものより22%、薄型になると書いている。

 (さらに重要な点として)同記事によると、iPhoneは3Gネットワークに対応し、GPSチップを搭載するという。また広く書かれてこなかった点もWiredには2つ書かれている。1つは新版では16Gバイトと32Gバイトモデルが用意されること。もう1つはバッテリ寿命が長くなることだ。

 Appleは2007年、iPhoneを3G対応にしなかった理由として、バッテリ寿命を挙げた。そのため、本当にAppleがiPhone 2.0で、バッテリ寿命の問題を解決していたとしたら、驚きに値する。Wiredの記事に登場する情報源は「大手のソフトウェアパブリッシャー」で働くソフトウェアエンジニアとなっている。この人物も間違いなく、6月のうちに出されるiPhone用ソフトウェア開発キット(SDK)に備えていることだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社