お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、OS X iPhoneの開発環境をWWDC 2008で紹介

2008/05/13 22:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは5月13日、2008年6月9日から13日まで開催する開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、Mac OS X LeopardとOS X iPhoneの開発環境について紹介すると発表した。

 iPhone SDKやApp Storeなど、OS X iPhone 2.0ソフトウェアの機能を活用するためのセッションやハンズオンラボが実施される。これに参加するモバイル開発者は、アップルのエンジニアと一緒に作業しながら、iPhoneユーザーインターフェイスやAPI、内蔵三軸加速度センサー、位置情報検知テクノロジーなどを活用したアプリケーションを作成できるという。

 WWDC 2008の主なプラグラムは以下の通り。

  • OS X iPhone、OS X Leopard、iPhone SDK、Cocoa Touch、Interface Builder、Xcodeなどのツールやテクノロジーについてのプレゼンテーションセッション
  • 参加者がアップル独自のコーディングストラテジーやテクニックを学べるハンズオンセッション
  • 参加者がアップルのエンジニアと1対1で作業することができるテクノロジーラボ
  • Welcome Reception、Apple Design Award、Lunchtime Speakers、Stump the Expertsなどのイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社