お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニー、PSPやウォークマンに動画を転送できる新Blu-rayレコーダー

2008/04/08 20:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月8日、Blu-rayレコーダーの新ラインアップとして、録画した番組をモバイル機器などに持ち出せる「BDZ-A70」と、内蔵ハードディスクドライブ(HDD)に最大166時間のハイビジョン録画が可能な「BDZ-T90」の2機種を4月30日より発売すると発表した。価格はオープンだが、BDZ-A70、BDZ-T90ともに市場推定価格は17万円前後。

 BDZ-A70は320Gバイトの内蔵HDDを搭載。デジタル放送を含む録画済み番組を、ウォークマンの「NW-A820」シリーズや「プレイステーション・ポータブル(PSP)」、携帯電話といった携帯端末に転送できる。対応端末をUSB接続し、本体前面の「ワンタッチ転送ボタン」を押せばレコーダーが起動し「おでかけ転送」がスタート、60分の番組ならば約2分で転送が可能だ。

Blu-rayレコーダー「BDZ-A70」 Blu-rayレコーダー「BDZ-A70」

 また「おまかせチャプター」で自動的に打たれたチャプターも転送されるため、見たいシーンを素早く検索にも対応。転送された番組は「おかえり転送」機能でBlu-rayレコーダーに戻すことで、オリジナル画質での再生も行える。

 さらに「更新転送設定」機能を使用すれば、ウォークマンなどに転送された番組を常に最新状態にすることが可能だ。たとえば「最新3日間分」に設定してワンタッチ転送を行うと、3日以内に録画された番組のみを転送でき、録画してから4日を過ぎた番組は自動的にレコーダーにおかえり転送される。

 一方、BDZ-T90は、500Gバイトの内蔵HDDを搭載する。圧縮効率の高い記録方式「MPEG-4 AVC」を採用し、最大約166時間のハイビジョン録画が可能だ。5.1chサラウンド放送もそのまま記録でき、2層のBlu-rayディスクを利用すれば最大約16時間のハイビジョン映像を記録できる。

ブBlu-rayレコーダー「BDZ-T90」 Blu-rayレコーダー「BDZ-T90」

 BDZ-A70、BDZ-T90ともに、人名やキーワードを選ぶだけで瞬時に番組を検索できる「気になる検索」機能や、興味のあるジャンルや好きなタレントの名前などを登録するだけで、条件に合った番組を自動で探して録画する「x-おまかせ・まる録」機能を搭載。付属リモコンの「らくらくワンタッチボタン」など、簡単・快適に操作する機能を備えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社