お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ロジクール、Bluetooth 2.0 EDRに対応したキーボードとマウスのセットモデルを発売

2008/04/03 21:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジクールは4月3日、Bluetooth 2.0 EDRに対応したキーボードとマウスのセットモデル「Cordless Desktop MX 5500 Revolution(MX-5500)」を、4月18日より発売すると発表した。

 今回発売されるMX-5500は、Bluetooth版のコードレスレーザーマウス「MX Revolution」と、ダイナミックLCD搭載の新型キーボード組み合わせたセットモデルだ。どちらもBluetooth 2.0 EDR(Enhanced Data Rate)を採用しており、簡単なセットアップと信頼性の高い接続を実現。出荷時にあらかじめレシーバーとペアリングされているため、ミニレシーバーをUSBポートに差し込むだけですぐに利用できる。

 MX Revolutionは、2つの操作モードで使えるMicroGearプレシジョンスクロールホイールを搭載。長い文書やWebページを簡単に高速スクロールできる「フリースピン モード」、表やスライドなどを細かく移動できる「クリック・トゥ・クリック モード」により、効率的な操作を実現している。また、親指近くに配置された第2のホイールを使うと、簡単にWindows Vistaフリップ3D機能の起動や写真などの拡大縮小が可能になる。さらに、Webページやパソコン内の検索結果を簡単に表示する「One-Touch Search」機能、電池交換が不要な高速充電ステーションの採用なども特徴だ。

 キーボードには7.5(幅)×2(高さ)cmの「ダイナミックキーボードディスプレイ」が搭載されており、カレンダー、時計、電卓の計算結果、温度、キーストロークカウンター、メールの着信通知、再生中の楽曲情報を表示することができる。Windows Media Center、フォトギャラリー、Windows サイドバー、ガジェット、フリップ3D、ズームなどにワンタッチでアクセスできる、Windows Vista向けの専用キーを装備しているのも特徴だ。

 対応OSはWindows XPおよびVista。価格はオープンプライスだが、ロジクールオンラインストア価格は税込1万9800円となっている。

080403mx5500revolution_457x159.JPG キーボードとマウスのセットモデル「MX-5500」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社