お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エプソン、EndeavorにデスクトップPC3機種とノートPC1機種が新登場

2007/10/23 20:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソンダイレクトは10月23日、デスクトップPC「Endeavor Pro4300」と「Endeavor MR3300」、「Endeavor AT970」と、ノートPC「Endeavor NJ3000」の計4機種を発表した。オンラインショップおよびエプソンダイレクトコールセンターにて、同日より販売を開始する。

Endeavor Pro4300 エプソンダイレクト「Endeavor Pro4300」

 フラッグシップモデルであるEndeavor Pro4300は、CPUにFSB1333MHzを採用した高性能モデルをラインアップし、インテル Core 2 Extremeをサポートした。チップセットにはインテル P35 Expressを採用。メモリもPC2-6400をデュアルチャネル動作として使用でき、高速処理を実現する。

 筐体はタワー型で、HDDにフロントアクセスを採用。また、各部をツールフリー構造とすることで、工具を使わずにオプション類の増設・交換が行える。価格は最小構成で11万4660円より。

 Endeavor MR3300は、FSB1333MHz対応のインテル Core 2 Duoプロセッサを搭載できるインテル G35 Expressチップセットを採用。インテル Core 2 Quadの選択も可能としている。

Endeavor MR3300 エプソンダイレクト「Endeavor MR3300」

 チップセットは画像系のシステム応答性を重視しビデオボードと併用することで、画像処理業務に最適。メインメモリにPC2-6400を採用しているため、デュアルチャネルにも対応でき、高速処理を実現した。

 幅98mmのコンパクトボディにHDDを2基搭載でき、最大1.5Tバイトまで対応が可能。またRAIDにも対応しており、高速アクセスが可能なRAID0、データのバックアップが行えるRAID1から選択して使用できる。価格は最小構成で5万9850円より。

 Endeavor AT970は、チップセットにインテル G31 Expressを採用しパフォーマンス向上を図ったモデル。FSB1066MHz対応CPUを搭載可能とし、同容量のメモリを2枚1組で使用する場合は、デュアルチャネル動作が可能となる。

 HDDは最大2基搭載。オプションのStandby Rescue Multiキットを搭載すれば、簡単にバックアップシステムを構築できる。またハードウェア上にセキュリティチップを標準搭載しており、暗号化キーを格納・管理することでHDD内のデータを保護し、高度なセキュリティを実現する。

 本体の外部ケースはサイドパネルの取り外しが簡単に行える新デザイン。メモリやPCIオプション類の増設・交換など、メンテナンス性も大幅に向上された。価格は最小構成で4万3800円より。

 ノートPCのEndeavor NJ3000は、CPUにインテル Core 2 Duoプロセッサ、チップセットにモバイル インテル GM965 Expressを採用。オプションの無線LANにインテル ワイヤレスWiFi Link 4965AGNを選択すれば、インテル Centrino Duoプロセッサ・テクノロジに対応する。さらにオプションのインテル ターボ・メモリを加えると、アプリケーションの起動や休止状態からの復帰時間も短縮される。

Endeavor NJ3000 エプソンダイレクト「Endeavor NJ3000」

 15.4型液晶はワイドタイプで、WXGA+とWXGAの2つの解像度が選択が可能。WXGA+液晶には、DVDや写真の鑑賞に適した「あざやか液晶」を用意し、3種類の液晶から選べる。価格は最小構成で9万4500円より。

 なお、11月26日までの期間限定で、カスタマイズした構成が一定金額に達した場合、1セットあたり通常価格より最大で2万1000円割引される「ハイスペックがお得!キャンペーン」(対象はPro4300、MR3300、NJ3000)と、Windows Vista Ultimateが通常価格より5250円割引となる「Windows Vista Ultimateがお得!キャンペーン」(4機種すべて対象)を実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社