お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

IPSアルファの新開発IPSパネルは環境に優しい省エネタイプ

2007/10/22 19:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所、松下電器産業、東芝の3社が共同出資する液晶パネル製造会社のIPSアルファテクノロジは10月22日、地球温暖化対策の一貫として液晶テレビの省エネルギー化に対応するため、バックライトの消費電力を従来品と比べて30%以上低減した、32型HD(1366×768ピクセル)および37型フルHD(1920×1080ピクセル)のテレビ用IPS液晶パネル「IPSαパネル」を開発したと発表した。

 画素透過率の向上とランプ方式のバックライト構造最適化により、バックライトの消費電力を従来品より低減。32型HDは、従来品の消費電力95Wに対し56Wと41%削減、37型フルHDは、従来品の消費電力120Wに対し84Wと30%削減した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社