お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デル、ワイド液晶に24インチとウェブカメラ内蔵型の22インチの新機種

2007/10/11 23:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは10月11日、HDMI端子を搭載した高性能ウェブカメラ内蔵型個人向け22インチワイド光沢液晶モニタ「SP2208WFP」と、24インチのモニタサイズとハイエンドクラスに匹敵する表示性能を備えたワイド液晶モニタ「E248WFP」を発表した。

 SP2208WFPは5万9800円で同日より、E248WFPは6万8800円で10月23日より、いずれもデルのオンライン・ストアで販売する。

 SP2208WFPは、9月に発売された同社初のWebカメラ内蔵型20インチ液晶モニタ「SP2008WFP」の上位機種。高性能ウェブカメラとデュアルマイク内蔵のマルチメディア機能はそのままに、22インチワイド光沢液晶へのサイズアップ行った。

 HDMI端子の搭載により、ハイビジョン映像などのデジタルコンテンツをさらに楽しめる。液晶には、デル独自のTrueLifeパネルを採用し、2000:1のダイナミックコントラスト比や色再現性92%の高画質を実現。2msの高応答速度(Grey to Grey)により、動きの早い動画やゲーム画面も鮮明に表示するなど、エンターテインメントコンテンツ表示機能を強化した。

 また、付属のウェブカメラ用ソフトウェア「Dell WebCam Software」によって、ウェブカメラと内蔵マイクを活用した動画記録や写真撮影および編集のほか、アバターの作成とアバターと連動したビデオチャットが可能。

 外出先から、ウェブブラウザを通して部屋の動きを監視し、監視中に動きがあれば自動的に録画を開始し、電子メールで静止画像を添付、通知する「リモートモニタリング」や「モーションディテクション」機能を搭載している。

 E248WFPは、コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルの液晶モニタ「Eシリーズ」の最上位となるモデルで、1000:1の高コントラストと最大輝度400cd/?、エントリーモデルながら色再現性92%を実現する液晶パネルを採用し、ハイエンドモデルに匹敵する高い表示性能を備えた。

 1920×1200(WUXGA)の高解像度や、22インチモデルと比較して31%アップの表示領域となる24インチワイドの画面は、複数のアプリケーションを同時に表示できる。

 また、HDCP対応DVI端子搭載により、高画質で均一な色再現性と、Blu-rayなどの著作権保護された次世代ディスクの表示が可能。地デジ放送などのフルHDのデジタルのコンテンツも、フル解像度で楽しめる。5msの高応答速度(Grey to Grey)は、動きの早い動画でもブレを軽減させた。

 前後調整可能なチルトスタンドや、家庭やオフィスのどんな環境にもフィットするスリムな黒の狭額ベゼル、電源コードや接続ケーブルを収納し机の上をすっきりさせるスタンドなど、高いデザイン性と使い勝手を実現した。

「SP2208WFP」、「E248WFP」 デル「SP2208WFP」(左)、「E248WFP」(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社