お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

わずか61cmのホームシアター--ヤマハ「YSP-500」を発表

2007/10/04 21:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月4日、デジタルサウンドプロジェクター「YSP-500」を10月下旬より発売すると発表した。

 今回発売されるYSP-500は、音のビーム化と反射を利用した独自技術により、ワンボディでリアル5.1chサラウンド再生を実現する「デジタル・サウンド・プロジェクター」シリーズの最新機種だ。

 本体は設置が容易な幅61cmのコンパクト設計で、サイズや種類を問わずあらゆるテレビとの組み合わせが可能。各部屋に最適な音響処理やビーム特性を自動設定する「インテリビーム」リモコンの専用ボタンを長押しすると音のビームをリスナーに向けられる「マイビーム」に加え、音の反射が利用しにくい部屋でも広がりのある音場が楽しめる新機能「マイサラウンド」が採用されている。

 リモコンには主要メーカーのデジタル対応テレビやDVDレコーダーなどの操作コードがプリセットされており、リモコン1つで各種機器の操作が可能。YSP-500の音声入力とテレビの映像入力が連動して切り替えられるテレビマクロ機能も備えている。

 そのほか、ソースや利用方法に応じて選べる6種類のビームモード、地上/BSデジタル放送に使われるAACなど多彩な音声フォーマットへの対応、サブウーファー出力端子およびYSTサブウーファーとのシステム電源連動機能なども特徴だ。

 総合最大出力は62W(15W×2+2W×16)で、希望小売価格はオープン価格。当初月産台数については4000台を予定しているという。

YSP-500 ヤマハ「YSP-500」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社