お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サン電子、iPodを固定できる専用ホルダー付き車載用FMトランスミッターなど

2007/09/14 12:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン電子(鈴木祥司社長)は9月12日、iPodの音楽をFM電波で飛ばし車載のFMラジオで再生できるiPod専用FMトランスミッター「FMIP-305シリーズ」を11月初旬に発売すると発表した。

 プラグ部の角度を0−90度の範囲で調整できる可動式プラグを採用。車のシガーソケットに差し込んでiPodの音楽を再生しながら、iPodの充電も行えるため、iPodのバッテリー残量も気にせずに楽しめる。車のエンジンの始動・停止に連動してiPodの電源を自動的にON、再生/再生停止、電源OFFにする「オートオペレーション」機能や、エンジン始動中にiPodのバックライトを常時点灯させる「バックライト常時ON」機能など便利な機能も搭載。

 トランスミッターの送信周波数は、10局の中からワンタッチボタン操作で簡単に選択でき、周波数設定表示LEDがブルーに点灯することで周波数を確認できる。

 簡単にiPodを固定できるiPod専用ホルダーを付属したモデルと、同ホルダーが付属しないトランスミッター単体モデルの2種類をラインアップ。カラーはホワイト、ブラック、イエロー、スカイブルーの4色で、イエローとスカイブルーはトランスミッター単体モデルのみ。

 本体サイズは奥行き45×幅127×高さ24mm、重さは約95g。ホルダーのサイズは奥行き56×幅98×高さ42mm、重さは約80g。価格はオープンで、実勢価格はホルダーつきのモデルが6980円前後、トランスミッター単体モデルが4980円前後の見込み。

 同時に、携帯オーディオ用FMトランスミッター「FMTS-203シリーズ」を11月初旬に発売すると発表した。複雑な配線なしに、車のシガーソケットに差し込むだけで簡単に携帯オーディオ内の音楽を楽しめる。FMトランスミッター本体とプラグが分離する構造のため、付属の延長ケーブルを使えば、本体をシガーソケットから離れた位置に設置することも可能。また、USBの電源出力を搭載しており、USBポートから充電できるデジタルカメラや携帯電話、携帯ゲーム機などの充電にも利用できる。

 トランスミッターの送信周波数は、6局の中からスライドスイッチで簡単に選択できる。カラーはホワイト、ブラック、オレンジ、グリーンの4色。本体サイズは奥行き65×幅103×高さ25mm、重さは約70g。価格はオープンで、実勢価格は4980円前後の見込み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社