お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ロジクール、カールツァイス製レンズ搭載の高画質ウェブカメラ「Qcam Orbit AF」を発表

2007/09/12 20:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジクールは9月12日、カールツァイス製レンズを採用したハイエンドウェブカメラ「Qcam Orbit AF(QCAM-200R)」を、9月28日より発売すると発表した。

 今回発売されるQCAM-200Rは、Qcam Orbitのデザインを踏襲したスタイリッシュなボディに、高品質なカールツァイス製のTessarレンズを搭載したハイエンドウェブカメラだ。メカニカル方式のパン&ティルトを使用したフェイストラッキング機能、先進のオートフォーカスシステムにより、ユーザーの動きにも柔軟に対応することができる。

 画像センサーはTrue200万画素で、ソフトウェア補間により最大800万画素の静止画キャプチャが可能。動画の場合は毎秒30フレームのレートで記録できるほか、720pのHDビデオ形式の映像保存にも対応している。また、水平189度、垂直102度という視野角の広さや、逆光など光量が少ないもしくは不均一な際に自動調整するRightLight 2テクノロジーを採用しているのも特徴だ。

 本体には、さまざまなシチュエーションに対応できるデスクトップクレードルと高さ約22cmのスタンド、10種類のビデオマスクを利用できるQcam ソフトウェア(Version 11.1)が付属。価格はオープンプライスとなっており、同社オンラインストアでは税込1万1800円で販売される。

Qcam Orbit AF ロジクール「Qcam Orbit AF」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社