お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「レグザリンク」でPCとAV機器連動を強化--東芝、秋冬モデルPCを発表

2007/08/20 21:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は8月20日、AVノートPC「Qosmio」シリーズと「dynabook」の新製品5機種14モデルを発表した。8月24日より順次発売を開始する。東芝の2007年秋冬モデルの特徴は、ホームネットワークとAV機器との連携の強化だ。

“Qosmio G40/97D Qosmio G40/97D

 フラグシップモデルである「Qosmio G40/97D」では、「レグザリンク」と呼ばれる新機能に対応。同社の液晶テレビ「レグザ(REGZA)」とQosmio G40/97DをHDMIケーブルで接続すると、Qosmio内のカメラやビデオ映像や音楽などをレグザで視聴したり、同社のHDD&DVDビデオレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」で録画した映像をQosmio側から見たりできる。操作も、レグザのリモコンで、Qosmio本体の電源のON/OFFや、AVコンテンツの操作が可能だ。

 このほかにも、G40とF40シリーズには地上デジタルTVチューナを2つ搭載したPCモデルが登場。F40には今回から新たにHD-DVD-Rモデルが追加された。DVD視聴時のセリフや音をより聞き取りやすくするソフトウェア「MAXX Audio」も搭載され、AV機能を強化したPCラインアップとなっている。

 なお、OSは全機種にWindows Vista Home Premiumを採用。Vistaの操作ガイドや動画で学べる独自ソフト、ブラウザ上で探したい語句を選択してメニューを選ぶだけで、文字を入力せずに検索できる「ささっとサーチ」などが標準搭載されている。

 東芝では、ノートPC市場が好調なことから、ノートPCとしての使いやすさや先進性などを強化し、さらなる市場拡大を狙う方針だ。新ラインアップは下記のとおり。

●Qosmio G40 シリーズ(9月上旬発売)

・Qosmio G40/97D:市場想定価格 40万円前後

●Qosmio F40 シリーズ(8月24日発売)

・Qosmio F40/88DBL: 30万円前後
・Qosmio F40/87DBL: 25万円前後
・Qosmio F40/86DBL: 23万円前後
・Qosmio F40/85D : 19万円台半ば

●dynabook TX シリーズ

・dynabook TX/68D: 22万円台半ば
・dynabook TX/67D: 20万円前後
・dynabook TX/66D: 18万円台半ば
・dynabook TX/65D: 17万円台半ば

●dynabook AX シリーズ

・dynabook AX/55D: 16万円前後
・dynabook AX/54D: 16万円前後
・dynabook AX/53D: 15万円前後

●dynabook CX シリーズ(9月中旬発売)

・dynabook CX/47D: 20万円前後
・dynabook CX/45D: 16万円前後
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社