お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ビクター、最新音楽環境にフル対応のMemoryCOMPO、alneoを発表

2007/08/08 17:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは、CDコンポ製品の「MemoryCOMPO」シリーズと、デジタルオーディオプレーヤー「alneo」に新モデルを発表した。両シリーズともにプロモーションキャラクターとして、リア・ディゾンさんを起用している。

リア・ディゾンさん プロモーションキャラクターのリア・ディゾンさん。プレゼントされたalneoシリーズでは、ブルーをチョイス

 MemoryCOMPOシリーズには、ミニコンポタイプの「UX-GM70」「UX-GM50」と、一体型の「RD-M1」の2タイプをラインアップした。どちらも1Gバイトのフラッシュメモリを内蔵し、最大約480曲を本体に取り込むことができる。

 本体前面にはUSB端子を備えることで、alneoシリーズに加えWMA音楽ケータイとの連携も実現。MemoryCOMPOの内蔵音楽データを最大50倍速で対応携帯電話へと転送できる。また、対応携帯電話を接続することで、アーティスト名やアルバム名などの楽曲データを取得できる「MagicSync」機能に対応。これにより、ラジオや外部入力から取り込んだ音楽データも、曲名やアーティスト名を入力した状態での保存が可能だ。

 MemoryCOMPOから音楽データを転送し楽しめるのは、NTTドコモの904、903、704、703シリーズのWMA楽曲データ対応モデル。MemoryCOMPOから携帯電話へと転送した音楽データを、再度MemoryCOMPOに転送することはできない。また、MagicSync機能はNTTドコモのFOMA、auのWin、ソフトバンクモバイルの3Gシリーズで利用できる。

 FM/AMチューナー内蔵の利点を生かし、聴き流したラジオをあとから聴き直せる「スナップショット・キー」も装備。最大2分前までさかのぼりファイルを作成できる。

 UX-GM70はMDデッキまで搭載したフルシステム、UX-GM50はMDデッキを非搭載としたシンプルシステムとなる。

UX-GM70、UX-GM50 UX-GM70(上)、UX-GM50(下)
RD-M1 RD-M1
  • UX-GM70(10月下旬発売、予想実勢価格:5万円前後)
    カラーバリエーション:ブラック、シルバー、ホワイト
  • UX-GM50(9月下旬発売、予想実勢価格:4万円前後)
    カラーバリエーション:シルバー、ホワイト
  • RD-M1(9月下旬発売、予想実勢価格:3万5000円前後)
    カラーバリエーション:ブラック、シルバー、ホワイト、ピンク

 alneoシリーズには、2Gバイトの「XA-S208」と1Gバイトの「XA-S108」の2機種をラインアップした。ミニコンポなどから直接楽曲を録音できる「ダイレクトレコーディング機能」をさらにパワーアップさせた、録音レベルインジケーターを装備。録音レベルを最適化し、録音ミスが防げる。

 重量37gの小型軽量ボディながら、4行表示の有機ELディスプレイを装備し、視認性の高さは抜群。独自の「お気に入り(FAVORITE)」キーも引き続き採用しており、混雑した電車内などでも最大30曲までお気に入り曲を手元で設定できる。

XA-S208 カラフルな5色展開の新alneo
  • XA-S208(内蔵メモリ:2Gバイト、予想実勢価格:1万9000円前後)
    カラーバリエーション:ブルー、ピンク、レッド、シルバー、ホワイト
  • XA-S108(内蔵メモリ:1Gバイト、予想実勢価格:1万5000円前後)
    カラーバリエーション:ブルー、ピンク、レッド、シルバー、ホワイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社