お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Vista新機能「Windows SideShow」、対応ソフトの開発コンテストが開催

2007/08/06 20:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトの新OS、Windows Vistaの新機能の1つである「Windows SideShow」。この機能を使った新たなサービスを発掘するべく、フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンがコンテストを開始する。

 Windows SideShowは、Vista PC内の情報を別のデバイスやディスプレイで表示できる機能だ。Vista PCの電源が入っていない場合でも、電子メールのメッセージを読んだり、PC内に保存した写真などを閲覧したりできる。この機能を採用した機器としては、ASUSのノートPC「W5Fe」がある。W5FeではPCを閉じた状態のときに、サブディスプレイで音楽再生やミニゲーム、メールの閲覧などができるようになっている。

 フリースケールはコンテストを開催し、SideShow機能を使った面白いソフトウェアを募集する。これにより、SideShow機能の認知度向上を図り、ひいては自社の半導体を搭載したSideShow対応端末を普及させたい考えだ。

MXSDVK フリースケールのSideShow対応ソフト開発キット「MXSDVK」

 フリースケールの登録サイトにて、8月1日から10月31日まで募集する。SideShowのソフトウェア開発キット(SDK)はマイクロソフトのサイトで無償配布されており、誰でも利用可能だ。ただしコンテストに応募するには、SideShow対応ソフトを実際に動かせるフリースケールの開発キット「MXSDVK」を購入する必要がある。MXSDVKの価格は通常約6万円だが、コンテスト応募者には1万5450円で提供するという。台数は限定50台となる。このほか、フリースケールの会員制サイトではSideShow対応ソフトウェアの作り方をまとめた文書がダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社