お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

任天堂、フィットネスゲーム「Wii Fit」と新型コントローラ発表

2007/07/12 10:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Wii Sports」でゲームプレーヤーがソファーに座らず立ち上がるようになってから、「Wii」は健康指向のゲーマーの大きな注目を集めるようになった。Wiiリモコンのモーション検出機能は、各種ゲームのなかの振り回す、振り下ろす、回転させるといったさまざまな動きでプレーヤーを活動的にさせる。今回、任天堂は次の一歩を踏みだしてWiiをフィットネス機器に仕上げてきた。しかも、Wiiリモコンを使わずにだ。

 任天堂は、米国時間7月11日の記者会見で「Wii Fit」を発表した。その名前が示すように、Wii FitはWii用のフィットネスゲームとなっている。Nintendo DSで「脳トレ」が頭の運動になったのと同じように、Wii FitはWiiを使って体の運動を行う。エアロビクスからバランスゲームまで、搭載されるゲームは40種類あり、体の健康維持を助けるようになっている。脳トレやWii Sports同様、Wii Fitもさまざまな運動データを記録およびトラッキングするため、時間の経過に伴う進歩状況を監視できる。

 驚いたことに、Wii FitはWiiリモコンではなく、「Wii Balance Board」(WBB)という全く新しいコントローラを使う。WBBは床に敷き、WiiリモコンのようにWiiにワイヤレス接続して使うようになっている。ボード上に立てば体重やバランスも計測され、立ち方、寄りかかり方、体重の移動、あるいは体の移動までゲームがトラッキングする。ちょうどWiiリモコンと「Dance Dance Revolution」のパッドを組み合わせたような感じだ。

 任天堂は発売日を発表していないが、Wii Fitはおそらく「Mario Kart Wii」など、任天堂のほかの主力ゲームの出荷が予定される2008年第1四半期までには店頭に並ぶものと思われる。

任天堂が米国時間7月11日に発表した「Wii Fit」では、床に敷いた「Wii Balance Board」とい新しいコントローラを使用する。 任天堂が米国時間7月11日に発表した「Wii Fit」では、床に敷いた「Wii Balance Board」という新しいコントローラを使用する。
提供:Caroline McCarthy/CNET News.com

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社