お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MacでもHSDPAが定額利用可能に--イー・モバイルの新データ通信端末「D01HW」

2007/06/22 15:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いつもWindowsの陰で涙をのんでいるMacユーザーには朗報だ。イー・モバイルの新端末は、Macでも高速無線通信を定額制で利用できる。

 イー・モバイルは6月22日、Mac OSに対応し、下り最大3.6Mbpsの通信が可能なHSDPA端末「D01HW」を発表した。23日より販売を開始する。

 USBモデム型で、Windows PCであれば本体を接続するだけで自動的にソフトがインストールされる。「プラグアンドプレイの感覚で使える」(代表取締役社長兼COOのエリック・ガン氏)。

D01HW D01HWはMacに対応。HSDPA対応データ端末でUSBモデム型は日本初だ

 これまでイー・モバイルはPCカード型の「D01NE」とCFカード型「D01NX」を提供していたが、いずれもMacには対応していなかった。「3月の発売以来、Macユーザーからの強い要望があった」(イー・モバイル)といい、中国の機器メーカーであるHuaweiに製造を依頼して作り上げた。

 新規契約のみの対応で、価格は端末を含む初期費用が3万3980円、月額基本料が5980円となる。ただし1年契約の場合は、初期費用が9980円となる。また、同日発表された、利用量に応じた二段階定額制のデータプラン「ライトデータプラン」も利用可能で、この場合は月額基本使用料が3480円となる。

 すでにイー・モバイルの端末を持っているユーザーが端末を買い替えたい場合は、既存の契約を解約し、新たに契約する必要がある。このため、すでに端末を1年もしくは2年契約で利用しているユーザーは、解約料金を別途支払う必要がある。この点について、イー・モバイルでは「現在対応を検討中」と述べるにとどめている。

 23日には1000台限定で、1年契約を結んだ加入者に限り端末を1円で販売する。また、量販店のAppleコーナーでプロモーションをしていく。

 このほか、7月末には同じくMac対応のExpressカード型端末「D02OP」も販売する。2007年秋にはCFカード型もMac対応となる予定だ。

 D01HWのスペックは以下の通り。

  • 大きさ:長さ89.4mm×幅42.6mm×厚み14.5mm
  • 重さ:約40g
  • インターフェース:USB1.1、2.0準拠
  • 対応OS:Mac OS X 10.3.7〜10.4.9、Windows Vista(32bit版)、Windows XP Service Pack 2以降、Windows 2000 Professional Service Pack 4以降
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社