お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

携帯型ホームシアター--スカラ、ウェアラブルディスプレイ「Teleglass T3-F」を発売

2007/05/21 20:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル顕微鏡など光学・電子機器開発を行うスカラは、メガネに装着するウェアラブルディスプレイ、「Teleglass(テレグラス) T3-F」を開発、5月22日よりスカラのウェブサイト及び東京、秋葉原の九十九電機本店にて発売する。本体、コントローラー、専用メガネなどのセットで価格は10万2900円。

山本正男社長 Teleglass T3-Fを装着した、スカラの山本正男社長

 Teleglass T3-Fは、一昨年500台のみ限定発売されたウェアラブルディスプレイ「T1」の後継機となる。いわゆるヘッドマウントディスプレイと呼ばれる装置で、従来はメガネ全体がモニタとなるゴーグル型が主流だった。Telegrass T3-Fは、メガネの片側のみに装着できるコンパクトサイズで、不使用時には収納できる。

 モニタ部は0.24型の液晶で、960×240ドット、23万画素での表示が可能。見た目には約2m先に28型相当の画面サイズで視聴できる。

 専用メガネは、メガネの産地として有名な福井県鯖江市の「エクセルメガネ」が担当。現在は、同梱されているもののみの対応となるが、今後はフレームデザインなどを増やしていく予定だという。レンズに度は入っていないが、メガネ店などで度数の調整は行えるとのこと。

 電源は単3乾電池を2本使用しており、約4時間の視聴が可能だ。

 同社では、初年度の売り上げ目標を台数ベースで3000台、金額ベースで3億円を見込んでいる。

Teleglass T3-F Telegrass T3-F収納時(上)と視聴時(下)。オン、オフでは電動で行える。本体部分は約35gと軽量だ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社