お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ビデオプロジェクターにも「ブラビアエンジン」--ソニー、「VPL-AW15」を発表

2007/05/10 18:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月10日、「ブラビアエンジン」搭載のビデオプロジェクター「VPL-AW15」およびプロジェクターとスクリーンを組み合わせたキット製品「VPL-AW15KT」を、6月20日より発売すると発表した。

 今回発売されるVPL-AW15には、ビデオプロジェクター用に開発した高画質回路「ブラビアエンジン」や、1100ルーメンという高輝度を実現した165Wの高圧水銀ランプを採用、色鮮やかで深みのある映像表現を可能にしている。また、「アドバンストアイリス2」と「ハイコントラストプレート」の相乗効果による最大12000:1のセットコントラスト、静音設計構造と新開発の冷却ファンにより約20dBまで低減された動作音も特徴だ。

 さらに、高輝度かつ高コントラストなVPL-AW15の商品化に合わせて80V型の「ダイナクリアスクリーン」も開発された。スクリーンに特殊加工を施すこと室内照明などの上部からの光をカット、プロジェクターからの光を効率的に反射できるため、明るいリビングルームでも鮮明な映像再現が可能だ。今回はこの80V型ダイナクリアスクリーンをプロジェクター本体と組み合わせたキット「VPL-AW15KT」も同時発売される。なお、価格はオープンとなっており、市場推定価格はVPL-AW15が17万円前後、VPL-AW15KTが22万円前後となっている。

「VPL-AW15」およびスクリーン 「VPL-AW15」およびスクリーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社