お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マウスコンピューター、クアッドコアCPU搭載のゲーム向けハイエンドPC

2007/04/12 11:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウスコンピューター(小松永門社長)は4月11日、ゲーマー向けオリジナ ルPCブランド「G-Tune」シリーズで、インテル製クアッドコアCPU「Core 2 Extreme QX6800(2.93GHz)」を搭載したデスクトップPC「MASTERPIECE V950GX1」 を発売した。ディスプレイは別売りで、価格は43万9950円。

 動作周波数が2.93Ghzに向上した最新クアッドコアCPU「Core 2 Extreme QX6800」を搭載。負荷の大きな動画や音楽のエンコードなどのマルチメディア処 理や、複数のアプリケーションを同時に使用するマルチスレッド環境下だけで なく、純粋なシングルスレッド環境でもパフォーマンスが向上した。

 マザーボードには「NVIDIA nForce 680i-LT」チップセットを搭載し、「Designed by NVIDIA」の指定を受けている製品を採用。超高速3Dグラフィックス 処理が可能な「NVIDIA GeForce 8800GTX」も搭載した。さらにクラス最高のラ ンダムアクセス性能と低シークタイムを実現した、高速1万回転のWesternDigital製の150GB HDDをシステム用に搭載し、実効転送速度と体感速度を高めた。

 このほか、データ用の500GB HDD、メモリ2GB、DVD±R 2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブなどを装備する。OSはWindows VistaとXPに対応し、 標準でWindows Vista Professionalをプリインストールする。CPUやOSはカス タマイズも可能。

 ゲーム向けに、キーボードやマウスは有線方式を採用。また、大口径のファ ンを低回転で駆動させることで、回転数を下げても風量の低下が起こらず、確 実な冷却性能と高い静音性を両立した。電源にも静音性に配慮した大容量電源 を採用し、システムの安定化も図っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社