お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MS、「iPod」接続問題を修正する「Vista」用パッチをリリース

2007/03/28 10:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月27日、「Windows Vista」用のパッチを複数リリースした。このなかには、Vistaに存在する「iPod」に関する問題に対応するパッチも含まれている。

 Vistaには、「ハードウェアの安全な取り外し」(Safely Remove Hardware)を使用してiPodを取り外すと、iPodを破損させる恐れがあったが、Microsoftはこれを修正するパッチを公開した。

 Appleはすでに、「iTunes」にあったVistaとの互換性に関する複数の問題を解決していたが、VistaでiPodを取り外す際はiTunesの機能を使うようユーザーに注意を呼びかけていた。

 MicrosoftとAppleの関係者からコメントは得られなかった。

 Microsoftはまた、キヤノンの「EOS-1D」でRAWファイルにメタデータを追加すると画像が消失するという問題を修正するものなど、ほかにも複数のアップデートを公開した。さらに、一般的にテレビで広く使用されるインターレースモードを、Vistaでビデオ利用時に使用すると一部で発生していた、ビデオの品質問題を解決するアップデートもある。

 これらのアップデートは、WindowsファンサイトのActiveWin.comが27日に報じていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社