お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

任天堂の宮本茂氏、GDCで基調講演--ゲーム開発には「バランス」と「リスク」必要

2007/03/09 16:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--当地で開催のGame Developers Conference(GDC)において米国時間3月8日午前に1つ明らかになったことがあるとすれば、任天堂の宮本茂氏をビデオゲーム開発者らは支持しているということだ。

 その理由は明白だ。任天堂の専務取締役情報開発本部長を務める宮本氏は、「ドンキーコング」、「マリオ」シリーズ、「ゼルダの伝説」シリーズなどの著名なビデオゲームの開発に携わった人物である。

 宮本氏が8日にGDCで行った基調講演を聴くために多くの参加者が集まるであろうことは誰もが予測していたことである。同氏のGDCでの講演は8年ぶりである。

 同氏からは何も新しい発表はなかったが、1時間以上にわたり、世界中のプレーヤーを虜にするビデオゲーム設計に対する自身の見解についてあらゆる側面から語った。

 また宮本氏は世界で最も有名なゲームデザイナーの1人だが、任天堂においてどれほど多大な影響力を持っていようとも自分は大企業の中の1人にすぎないことを強調した。

 宮本氏は通訳を介して、自分自身のビジョンがいかに明確であったとしても、それが自分の所属する会社のビジョンと何らかの形で同調している必要があると理解することが重要だと述べた。

 そして同氏は、自身と任天堂のビジョンを説明するために、自身の経験に基づくいくつかの事例について約45分間語った。

 まず対象ユーザー層を拡大する方法を探すことであると同氏は述べた。

 同氏は、数年かけて自分の妻がビデオゲームに興味を持つように努力してみたと述べた。最初興味を示さなかった同氏の妻も、任天堂のゲームがより幅広い層に受け入れられるようになり、戦闘ものから子供を対象としたものへと移行するにつれ、興味を持ち始めたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社