お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

レノボ、約20万5000個のノートPC用拡張バッテリをリコール

2007/03/02 10:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lenovoは米国時間3月1日、一部の同社製ノートPC「ThinkPad」に搭載している三洋電機製リチウムイオン拡張バッテリを自主回収すると発表した。

 米国消費者製品安全委員会(CPSC)は今回のリコール発表の中で、「リコールされた製品は、特に指示のない限り即座に使用を中止すべきである」と述べている。Lenovoはバッテリを無償交換する。

 今回のリコールは、製品部品番号が「FRU P/N 92P1131」の9セルバッテリが対象となっている。これらは、2005年11月から2007年2月にかけて別売りのオプション製品として約180ドルで販売されていた。

 リコール対象のバッテリは、ThinkPadの「R60」「R60e」「T60」「T60p」「Z60m」「Z61e」「Z61m」「Z61p」の各モデルに搭載している可能性がある。リコール対象の三洋電機製バッテリパックは、米国で約10万個、その他各国で10万5000個がすでに販売されている。

 CPSCの声明によると、問題があるのは内部のバッテリセルではないという。デバイスを落下させるなど、バッテリが装着された状態でノートPCの角に衝撃を与えると、ノートPCが過熱する可能性がある。リコール情報によると、Lenovoには「バッテリの過熱とノートPCの損傷」に関する報告が4件あったという。

 使用しているノートPCのバッテリがリコール対象に該当するかどうかは、Lenovoが発表しているバッテリのリコール情報を参照することで確認できるようになっている。

 Lenovoは9月にも、ThinkPadに搭載していた複数のソニー製バッテリをリコールしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社