お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

主流はブレ補正つき700万画素、「顔認識」が注目のコンパクトデジカメ市場

2006/12/19 11:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年末商戦たけなわの家電量販店。店頭で相変わらず客足が絶えないのがデジタルカメラコーナーだ。主役はもちろんコンパクトタイプのデジカメ。最も競争が激しいカテゴリーの1つで、さまざまなモデルが入り乱れ百花繚乱の様相を呈している。なかでも現在の主流は手ブレや被写体ブレ補正防止機能がついた700 万画素クラス。新機軸として注目なのが「顔認識」機能だ。そこで、「BCNランキング」をもとに、売れ筋機種のトレンドをまとめた。

●圧倒的な強さを見せるキヤノンだが、夏にはカシオが逆転する場面も

 直近の機種別販売台数シェアを見る前に、まず、06年夏以降のコンパクトデジカメ市場の動向をおさらいしておこう。7月第2週(3-9日)から12月第2 週(4-10日)にかけて、「BCNランキング」のメーカー別販売台数シェアで最も存在感が大きかったメーカーは、やはりキヤノンだ。とくに10月以降は、他社をまったく寄せ付けない強さで、シェアトップを独走している。このキヤノンの好調を牽引してきたのが、7月は「IXY DIGITAL 800IS」で、10月以降はその後継機である「IXY DIGITAL 900IS」だ。また、「IXY DIGITAL 70」も堅調なシェアを維持しており、キヤノン人気を支えてきた。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社