お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

松下、デジタル一眼レフカメラ「L1」付属のライカ製ズームレンズを単品販売

2006/11/14 10:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は11月13日、同社のデジタル一眼レフ「DMC-L1」に付属しているズームレンズ「ライカ D VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)レンズ L-ES014050」を12月8日に発売すると発表した。価格は15万7500円。

 独ライカ初のデジタルカメラ専用ズームレンズ。レンズはガラスモールド非球面レンズを2枚採用した12群16枚で構成。焦点距離は35ミリフィルム換算で 28-100mm、明るさはF2.8-3.5。レンズマウントはデジタル一眼レフのオープン規格「フォーサーズシステム」に対応する。また、光学式の手ブレ補正機能を搭載し、フォーサーズマウントのカメラボディとの組み合わせで、シャッタースピード最大3段分の補正効果が得られるという。

 松下では「DMC-L1」の発売以来、多くのユーザーからレンズの単品販売の強い要望が寄せられたため、今回の単品販売に踏み切ったと説明している。

松下電器産業=http://panasonic.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社