お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東芝、HDD160GバイトのHDD&DVDレコーダ「RD-E160」を発売

2006/11/02 17:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は11月1日、HDD&DVDレコーダ「VARDIA」シリーズの新ラインアップ「RD-E160」を、12月上旬から発売すると発表した。

 RD-E160は、11月上旬から発売される「RD-E300」の姉妹モデルにあたる。RD-E300のHDD容量が300Gバイトなのに対し、RD-E160は160Gバイトとコストパフォーマンスを重視。ハイビジョン放送で最大約20時間、アナログ放送やライン入力の場合は最大約282時間の録画が可能となっている。

 そのほかのスペックについてはRD-E300と同様で、地上、BS、110度CSデジタル×1基、地上アナログ×1基のチューナーによる「デジ×アナW録」対応。また、通常のリモコンに加えて機能を基本操作に絞り込んだシンプルな「子リモコン」の付属、メニュー画面に沿って操作するだけで簡単にダビングなどの各種操作が行える利便性も特徴といえる。

 なお、価格についてはオープン価格となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社