お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

バッファロー、高速転送の外付けHDD2モデルを発売--実測値で1秒あたり100Mバイト

2006/10/25 21:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは10月25日、転送速度が実測値で1秒あたり100Mバイトを実現した外付けハードディスク(HDD)「HD-QSU2/R5」シリーズを11月中旬に発売すると発表した。

 HD-QSU2/R5シリーズはハードディスク4台を内蔵し、ハードウェアRAID機能を搭載している。接続はeSATAまたはUSB2.0となっている。

HD-QSU2/R5 USB2.0接続の約3倍もの転送速度を実現したHD-QSU2/R5

 HDD側のモードを「RAID0(ストライピング)モード」または「RAID5 モード」に設定し、eSATAで接続した場合の転送速度は1秒あたり100Mバイトもの高速転送を実現している。この速度はUSB2.0接続時の約3倍となる計算。

 ラインアップは、容量が1テラバイトの「HD-Q1.0TSU2/R5」と、2テラバイトの「HD-Q2.0TSU2/R5」という2モデル。希望小売価格はHD-Q1.0TSU2/R5が7万9600円、HD-Q2.0TSU2/R5が14万8900円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社