お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ワンボディでリアルサラウンド--ヤマハ、YSPシリーズの最新機種YSP-1100を発表

2006/10/19 21:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは、1本のスピーカーからリアルサラウンドを作り出す独自のサラウンドスピーカー、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP-1100」を発表した。発売は11月1日より、価格はオープンとなるが、予想実勢価格は13万7000円前後。

 YSPシリーズは、横幅103cmに計40個収められた小型スピーカーと2つのウーファーからリアルな5.1ch再生が行える、ワンボディのサラウンドスピーカーだ。42V型の薄型テレビにマッチするスリムデザインを採用しており、リアスピーカーの設置による場所の確保や配線などを一切行わずに、リアル5.1chサラウンドを再現できる。

 最新モデルとなるYSP-1100では、オリジナルの音響測定、最適化技術「インテリビーム」をブラッシュアップして搭載。これにより、ボタン1つで部屋の音響特性の測定から最適化まで3分で行えるフルオートのセッティング機能を備える。

 また、視聴位置からリモコンの「マイビーム」ボタンを押すことで、音声を視聴位置へダイレクトに届けることもできる。周囲が騒がしくて、ニュースなどの音声が聞こえないときは便利に使える。

 このほか、サラウンド感を存分に楽しめる「5ビーム」、広いリスニングエリアが得られる「3ビーム」、ステレオ音声再生に適した「ステレオ」、コーナー設置に最適な「ステレオ+3ビーム」など、多彩なサラウンドモードを装備。AACをはじめとする各種音声フォーマットにも対応可能だ。

YSP-1100 デジタル・サウンド・プロジェクターYSP-1100
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社