お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

KDDI、「でか文字」対応で「でかキー」搭載の「W45T」を発売

2006/09/26 20:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは9月26日、CDMA 1X WINに対応する携帯電話端末「W45T」を9月27日から順次発売開始すると発表した。

 W45Tは東芝製の端末で、文字を大きく表示する「でか文字」に対応するほか、本体キーが押しやすい「でかキー」となっており、携帯電話の操作が苦手なユーザーでも使いやすくなっているのが特徴。また、電話の発着信やCメールの制限ができるほか、通話時間とCメール送信件数に対して使用量制限を行うことができるため、使い過ぎ防止や迷惑メール等の拒否が簡単に行える。

 ディスプレイは2.6インチのQVGAサイズで、カメラ機能は324万画素。パソコン向けのサイトが表示できる「PCサイトビューアー」と、メールに添付されたオフィスファイルの閲覧が可能な「PCドキュメントビューアー」を搭載している。また、「au LISTEN MOBILE SERVICE」にも対応し、高音質イヤホンが同梱されている。カラーバリエーションはハーバルグリーン、ムーンリットブラック、フロスティーホワイトの3色だ。

 発売日は、北海道エリア、東北エリア、北陸エリア、関西エリア、四国エリア、九州エリア、沖縄エリアは9月27日。中部エリアおよび中国エリアは9月28日で、関東エリアが9月29日となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社