お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニー、「3クリアビッドCMOSセンサー」を搭載した民生用ハイビジョンビデオカメラを発売

2006/09/07 18:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月7日、新開発「3クリアビッドCMOSセンサー」を搭載したHDV規格対応のデジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-FX7」を、11月11日から発売すると発表した。

 今回発表されたHDR-FX7は、従来機種「HDR-FX1」の後継となる民生用ハイビジョンビデオカメラの最上位モデルだ。HDR-FX1と比べて容積が約40%、重量は約25%の小型軽量化を実現したほか、操作性の向上やマニュアル機能の充実も行われた。画質面では、光の3原色を総画素数112万画素のセンサー3枚で独立して撮像する新開発の「3クリアビッドCMOSセンサー」を搭載、高画質記録が可能となっている。

HDR-FX7 HDV規格に対応するHDR-FX7

 HDV規格に対応しているため、ハイビジョン映像を1440×1080画素の「HDV1080i」で既存のミニDVカセットに記録したり、DV方式での記録や再生も行える。HDV規格は、キヤノン、ソニー、シャープ、日本ビクターの4社が定めた規格。

 レンズには、特殊低分散ガラスを使用した光学20倍のカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用。撮影中の映像を約1.5倍に拡大できる「デジタルエクステンダー」機能を用いることで、最大30倍のズームが可能となる。

 そのほか、動画撮影と同時に最大120万画素の静止画をメモリースティックデュオへ記録したり、スポーツなど動きのある被写体をスローモーションで美しく撮影する「なめらかスロー録画」機能の搭載も特徴だ。希望小売価格についてはオープン価格となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社