お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ニコン、ミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ「ニコンD80」を発売

2006/08/10 13:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンの子会社であるニコンカメラ販売は8月9日、小型ボディに有効画素数10.2メガピクセルのCCDを搭載したデジタル一眼レフカメラ「ニコンD80」を9月1日より発売すると発表した。

 D80は、上位機種であるプロフェッショナル用の「D2Xs」やハイエンドカメラ「D200」の技術を引き継いだミドルクラスのデジタル一眼レフカメラだ。ホールディング性の高い小型ボディに、約23万画素の高解像度、広視野角2.5型液晶モニターを搭載。明るく見やすい約0.94倍の高倍率ファインダーを装備する。

D80 有効画素数10.2メガピクセルのD80

 新開発の有効画素数10.2メガピクセル、DXフォーマットのCCDセンサーを搭載し、新開発の画像処理エンジンによる高速、高精細な画像処理を実現した。また、カメラ内で多彩な編集ができる画像編集メニューを新たに搭載。測光精度の高い「3D-RGBマルチパターン測光II」、被写体や撮影シーンに応じて適したカメラ設定を行うデジタルイメージプログラム、キーワードで画像の仕上がり状態を選べる仕上がり設定などの機能を搭載している。

 このほか、約0.18秒の起動時間、約80msのレリーズタイムラグを実現、約3コマ/秒、最大100コマ(画質モードNORMAL、画像サイズLの場合)までの高速連写機能、11点測距AFシステム「マルチCAM1000オートフォーカスセンサーモジュール」を搭載する。

 価格はオープン価格、当初の月産台数は10万台を予定しているという。

 また、D80とレンズを組み合わせたレンズキット2種を発売する。AF-S DX ズームニッコール ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF)付の「D80 AF-S DX18-135G レンズキット」と、AF-S DX ズームニッコール ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)付の「D80 AF-S DX18-70G レンズキット」で、いずれも9月1日発売予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社