お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

バッファロー、携帯ゲーム機対応ソフトウェアアクセスポイント、大容量外付けHDDを発売へ

2006/08/09 18:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは8月9日、携帯ゲーム機の無線LAN接続が可能なUSBソフトウェアアクセスポイント「WLR-U2-KG54」、外付けハードディスクとして1テラバイトの「HD-W1.0TIU2/R1」と1.5テラバイトの「HD-W1.5TIU2/R1」を発売すると発表した。

 WLR-U2-KG54は、ネットに接続されているWindows XP搭載パソコンのUSBポートに挿すだけで、ニンテンドーDSやPSPなどの携帯ゲーム機での無線通信が可能になるソフトウェアアクセスポイントだ。同社が開発した無線LANの簡単設定システム「AOSS(AirStation One-Touch Secure System)」を用いており、難しい設定をすることなくニンテンドーDSやDS Lite、PSPといった携帯ゲーム機のインターネット対応ソフトを楽しめるというもの。

WLR-U2-KG54 WLR-U2-KG54は「AOSS」を搭載している

 携帯ゲーム機のほかに、AOSSに対応した11g/b規格準拠のクライアントとも接続可能。自由に向きを変えて感度調整ができる「フレキシブルUSBケーブル」が同梱され、通信速度の低下を防止する「電波混在防止機能」も搭載されている。出荷予定日は8月下旬で、希望小売価格は5300円となっている。

 1テラバイトモデルのHD-W1.0TIU2/R1と1.5テラバイトモデルのHD-W1.5TIU2/R1は、外付けハードディスク「HD-WIU2/R1」シリーズの新ラインアップとして発売される。接続形式はUSB2.0およびIEEE1394で、データの二重保存を行うミラーリング(RAID1)にも対応する。

 通常モードの保存容量はHD-W1.0TIU2/R1が500Gバイト×2、HD- W1.5TIU2/R1が750Gバイト×2だが、RAID1モードの場合はそれぞれ500Gバイト×1、750Gバイト×1となる。そのほか、2つの内蔵ドライブを1台として認識させるスパニングモード(1テラバイト×1、1.5テラバイト×1)も搭載している。出荷予定日は8月下旬で、希望小売価格は HD-W1.0TIU2/R1が8万5000円、HD-W1.5TIU2/R1が14万8900円だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社