お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソースネクスト、更新料無料のウイルス対策ソフト販売へ--シェアNo.1を目指す

2006/05/29 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソースネクストは5月29日、年間更新料を無料にしたウイルス対策ソフト「ウイルスセキュリティZERO」を発表した。7月6日から3970円で販売する。今後1年間で200万本、シェアNo.1を目指す。

 既存のウイルス対策ソフトは1年ごとにおよそ3000〜4000円の更新料を支払って利用することが一般的だが、ソースネクストでは、この更新料を無料として提供していく。

ウイルスセキュリティZERO ウイルスセキュリティZERO

 ウイルスセキュリティZEROが対応するOSはWindows XP/2000/Me/98/98SEだが、OSをXPから次期OSの「Windows Vista」に変更した場合でも、更新料を払わずにそのまま利用することができる。なお、ソースネクストでは、マイクロソフトの公式サポート終了時まで年間更新料を無料で提供する方針だ。

 ウイルスセキュリティZEROの価格は、1台で3970円、2台用で5970円、3台用で7980円。なお、同社では、法人向けにライセンス販売も7月6日から開始する。ウイルス対策ソフト市場における同社のシェアは第3位だが、ウイルスセキュリティZEROの投入でシェアNo.1を目指す。

 同ソフトを開発したのは、既存の「ウイルスセキュリティ」シリーズを開発する、インドのK7 Computing。ソースネクストによれば「インドにあるK7と日本のソースネクストとで、ウイルス解析や定義ファイルの作成・更新を展開する」としている。

 ソースネクストが行ったアンケート調査によれば、セキュリティソフトの期間更新をしたことのあるユーザーは73%にのぼるが、そのうちの60%が「更新費用が高い」「期限切れのメッセージがわずらわしい」「更新の方法がわかりにくい」などの不満を感じているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社