お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東北パイオニア、手軽に5.1chの立体音響が楽しめる2.1chサラウンドシステム

2006/05/12 11:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東北パイオニア(塩野俊司社長)は、2本のスピーカーで5.1chサラウンドを 体感できるスピーカーシステム「PRACIA(プラシア)PS-W1」を6月下旬に発売 する。価格はオープンで、実勢価格は2万7800円前後の見込み。

 サブウーファー内蔵アンプユニットと2本のサテライトスピーカーで、5.1chサラウンドを擬似的に再現する「ドルビーバーチャルスピーカー」を搭載した のが特徴。テレビやパソコンなどとアンプユニット部を光ケーブルでつなぐだ けで、臨場感あふれる立体的な音響を簡単に楽しめる。

 入力端子はデジタル2系統、アナログ1系統を装備。再生可能フォーマットは、ドルビーデジタル、DTSのほか、AACやPCM(32KHz/44.1KHz/48KHz)のデコード に対応。アナログ入力のステレオサウンドを5.1chに拡張する「ドルビープロロ ジックII」も備える。

 このほか、前面のヘッドホン端子に手持ちのヘッドホンを接続して、サラウ ンド再生を楽しめる「ドルビーヘッドホン機能」や、小さい音量でもセリフや わずかな音がはっきり聞き取れる「ナイトモード」を装備した。

 アンプ出力は、サブウーファーが15W、サテライトスピーカーが各7.5W。サ ブウーファーには、ウッドキャビネットに12cmのフルレンジユニットを搭載し、迫力のある重低音を再生できる。本体サイズは、サブウーファー内蔵アンプユニ ットが高さ340×幅140×奥行き267mm、サテライトスピーカー(1本)は高さ178mm×幅60mm×奥行き136mm。シンプルなリモコンも付属する。

 同社では、ホームシアターシステムのエントリーモデルから、AVパソコンの 外付けスピーカーまで、幅広い用途での使用を想定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社