お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップルの画像管理ソフトAperture、開発チームが早くも大幅縮小

2006/04/28 11:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerが「Aperture」開発チームを大幅に縮小したと、インサイダー情報を発信するサイトThink Secretが伝えた。Apertureは、RAWフォーマットのワークフローに対応したプロ用画像管理ソフトウェア。

 同ウェブサイトによると、同チームのエンジニアは解雇または他部門に吸収されたという。

 同ソフトウェアが多くの問題を抱えるなど、今回の動きにはある程度の予兆があった。Apertureは、当初IntelベースのMacに対応しないなど、リリース時からさまざまな問題を抱えていた。

 また、Adobeが同等のRAW画像ワークフローソフトウェアをリリースし、Apertureにはライバルも登場していた。

 Adobeは、Aperture最大のライバルである「Adobe Lightroom」のベータ版無償公開を2月に開始した。Apertureが1.1にアップグレードするまでは、Lightroomのベータ版の方が価格の高いAppleのソフトウェアよりパフォーマンスに優れる、との書き込みがオンライン掲示板では多数見られた。

 Appleは4月初旬、PCとIntel Macにも対応させてアップグレードしたAperture 1.1をリリースし、価格も499から299ドルへと引き下げた。加えて、初期バージョンのユーザーには、無料アップグレードの提供と、200ドル相当のApple Storeクーポンの配布も行った。

 Appleは4月のアップグレードで多くの問題にも対処したが、そのころにはAdobe Lightroomのベータが無償配布されてから数カ月が経過していた。

 Apertureチームに対する変更は、PhotoshopとCreative SuiteのIntelベースMac版を2007年リリースする、とのAdobeによる先週の発表を受けた可能性がある。

 Adobe LightroomとApertureはいずれも、Photoshopなどの写真編集ソフトウェアを補完するワークフローソフト。

 Appleからコメントを得ることはできなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社