お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デュアルブートMacの実力--MacBook ProとiMacでWindowsソフトをテスト

2006/04/10 15:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのWindows OSをこれまで見下してきたApple Computerだが、パフォーマンステストの結果、同社の「Boot Camp」ソフトウェアを使うとWindowsアプリケーションがMacでもPCと同じように動作することがテストで確認された。

 CNET製品レビュー担当者が実施したテストによると、Intelの「Core Duo」プロセッサを搭載した「MacBook Pro」と「iMac」で「Windows XP」を動作させると、Windows向けに設計された同構成のPCと同等のパフォーマンスを達成できたという。Appleは、Macユーザーが自分のMac上でWindows XPを動かせるようにする「Boot Camp」アプリケーションのベータ版を米国時間4月5日にリリースしている。

 システムが同構成なので結果は明白なのかもしれない。だが、AppleがBoot Camp搭載の新OSを2006年中にリリースしたらMacでWindowsを動かしたい、と考える消費者や企業にとって、これで疑問がいくつか解決される。

 Appleは、Mac OSでWindowsユーザーの心もつかみたいと考えており、そのための最適な方法がデュアルブートMacの障害を完全に排除することだったと、Current AnalysisのアナリストSam Bhavnani氏は語っている。Windowsの動作するAppleシステムが他社のWindowsシステムと同等の性能を持たないと移行をやめる人が出てくると、同氏は述べる。

 CNETでは、AcerのノートPCとMacBook Proをテストした。両システムはほぼ同構成で、違いは533MHz動作のDDR2メモリを採用するAcerのノートPCの方が、667MHzで動作するMacBookのDDR2より若干遅いだけとなっている。「Photoshop」、「iTunes」、および「DivX」を使ったエンコーディングなど、人気の高いアプリケーションや作業を複数行ったが、パフォーマンスはほぼ同じだった。Boot Campを動かしたiMacと、DellやHewlett-Packard(HP)のデスクトップとの比較でも同じような結果が出た。

 唯一Windows MacがAcerのシステムに後れを取ったのが、「Doom 3」ビデオゲームのテストだった。しかしこれは、Acerのシステムに搭載されるATIグラフィックチップの専用メモリがMacより多いことが要因だ。

 デュアルブートMacに関心を示すと思われる顧客グループの1つがゲームファンだ。彼らはAppleのハードウェアに興味を引かれる傾向が強いものの、面白いゲームはMac版の開発がWindows版に大きく遅れることにいら立ちを感じている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社