お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ハドソン、任天堂「レボリューション(仮)」の仮想ゲームプラットフォームに参入

2006/03/24 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハドソンは3月24日、任天堂が2006年に発売予定の次世代家庭用ゲーム機「レボリューション(仮)」を使用した、仮想ゲームプラットフォーム「バーチャルコンソール」ビジネスに参入することを決定した。

 任天堂のレボリューション(仮)に搭載予定のバーチャルコンソールは、ネットワークを介してファミリーコンピュータなど過去に発売されたゲームタイトルをダウンロードできるシステムのこと。今回はこのバーチャルコンソールに、ハドソンとNEC(旧:日本電気ホームエレクトロニクス)が共同開発した家庭用ゲーム機「PCエンジン」シリーズ用のゲームタイトルを供給するという。

pcengin_ctv.jpg

 1987年に発売されたPCエンジンは、「HuCARD(ヒューカード)」と呼ばれる独自のカード型ROMカートリッジを採用した8ビットゲーム機だ。その後もCD-ROM2システムなどの登場により人気を博した。なお、今回のバーチャルコンソールにはCD-ROM2で提供されたタイトルも含まれる。

 PCエンジンシリーズ用に発売されたタイトル数は670以上(うち、ハドソンのタイトルは122)で、ハドソンは今回の参入により過去の豊富なゲーム資産の有効活するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社