お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Seagate、12Gバイトの容量を実現した1インチHDD「ST1.3シリーズ」を発表

2006/03/10 19:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Seagateは3月10日、垂直磁気記録方式により12Gバイトの容量を実現した1インチHDD「ST1.3シリーズ」を、2006年第3四半期から出荷開始すると発売した。

 今回発表されたST1.3シリーズは垂直磁気記録方式を採用し、現在販売している1インチHDDより23%の小型化(40mm×30mm×5mm)を図りながら、ストレージ容量は50%増大し、消費電力を30%低減した。これにより、デジタルオーディオプレイヤーやポータブルメディアプレイヤー、携帯電話などさまざまな携帯機器に対して、小型かつ大容量のHDDを組み込むことが可能になると説明する。

「ST1.3シリーズ」(左)と現行モデル(右)

 また、機器の動作時に読み出しヘッドを自動でトラック上に維持する「RunOnテクノロジー」、機器の落下を感知して0.3秒以内にヘッドをプラッタから離す「Gフォース保護テクノロジー」など、動きの激しい環境での使用も考慮。Gフォース保護機能の一部として、オプションでドロップ・センサーも提供される。

 同社では、2.5インチで160Gバイトを達成した「Momentus 5400.3」、今回のST1.3シリーズに続き、今後は3.5インチ製品にも垂直磁気記録方式を採用していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社