お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

バッファロー、放熱性を高めた外付けHDD「HD-HCU2」と専用ファンを発売

2006/02/15 20:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは2月15日、外付けハードディスクドライブ「HD-HCU2シリーズ」と、専用冷却ファン「OP-FAN」を発売した。

 HD-HCU2シリーズはUSB2.0接続の外付けハードディスクドライブで、データを暗号化した上でOSから見えなくできる「Secure Lock +Guard」を添付している。

 さらにOSやソフト、データを丸ごとバックアップできる「Acronis True Image LE」と、データを完全に消去する「Drive Cleanser」を添付し、データを守る作りになっている。さらに、本体を放熱性鋼板を採用した「ヒートシンクボディ」にし、通気性を考慮したエアフロー構造を採用することで、動作温度を下げてドライブ寿命を延ばす工夫がされている。

「HD-HCU2」

 同時に発売されるOP-FANはHD-HCU2シリーズ専用の冷却ファンで、装着すると最大でハードディスクの温度を7度下げる効果が確認できたという。ボールベアリング採用の高信頼・静音設計になっており、動作音は14db。横置きに対応し、スタックが可能なため省スペースでの複数台設置にも役立つ。

 出荷予定はHD-HCU2シリーズが3月上旬、OP-FANが3月中旬となっている。希望小売価格は160GバイトのHD-HC160U2が1万5700円、250GバイトのHD-HC250U2が2万1000円、300GバイトのHD-HC300U2が2万4200円、400GバイトのHD-HC400U2が4万2300円で、OP-FANが2100円だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社