お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デル、インテル製Viivテクノロジ搭載デスクトップパソコンを発売

2006/01/18 21:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは1月18日、デスクトップパソコン「Dimension 9150」と「Dimension 5150C」において、インテルViivテクノロジーを採用したと発表した。

 今回発表されたのは、インテルPentium Dプロセッサに対応するデスクトップパソコンにインテルViivテクノロジーを搭載したもの。このモデルは、テレビ番組の録画中に他番組を視聴したり、動画のダウンロード中にゲームをするなど複数作業の同時処理に威力を発揮するという。また、インテル ハイ・ディフィニション・オーディオを内蔵しているため、最大7.1chをサポートするダイナミックなサラウンド環境を実現するとしている。

 価格については構成により変わるが、Dimension 9150の場合はCPUがPentium D 820(2.80GHz)、メモリ512Mバイト、HDDが160Gバイトという構成でOSにWindows XP Media Center Edition 2005を選択、19インチ液晶ディスプレイを加えた状態で17万2200円となる。

 Dimension 5150Cの場合はCPUがPentium D 820(2.80GHz)、メモリ1Gバイト、HDDが250Gバイトという構成でOSにWindows XP Media Center Edition 2005を選択、19インチ液晶ディスプレイを加えた状態で20万7900円だ。販売開始日はいずれも1月19日で、デルのオンラインストアから購入できる。

Viivテクノロジーに対応したDimension 9150(左)とDimension 5150C(右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社