お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

富士通など、「接客ロボ」を店員としてイオンに「派遣」、案内や呼び込みも

2005/12/02 12:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通、富士通フロンテック、富士通研究所の3社は12月1日、イオン(岡田元也代表執行役社長)のイオン八千代緑が丘ショッピングセンター(千葉県八千代市)に、サービスロボット「enon(エノン)」を派遣し実験運用を行うと発表した。期間は同日から12月25日までの25日間。一般の商業施設でロボットが従業員として来店者にサービス提供するのは国内初の試み。

 エノンの「仕事」は、(1)受付案内業務、(2)搬送業務、(3)情報提供業務の3つ。来店者に気づき所定の場所を案内したり、胴体部のスペースを利用して荷物を運んだり、音声、液晶モニタを利用して来店者に必要な情報を提供する。店舗とバックヤードの間で、補充品やゴミを運搬したりする作業だけでなく、来店者への挨拶や店頭での呼び込みも行う。記念撮影会も予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社