お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デル1社では済まない--PCメーカーを揺るがす不良コンデンサ

2005/11/28 12:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キャパシタはコンピュータのマザーボード上にある小さくて安価な部品だが、このキャパシタに大量の不良品が発生し、PCメーカーにとって大きな頭痛のタネになる可能性がある。

 Dell(本社:テキサス州ラウンドロック)は、同社の「Optiplex」ワークステーションの一部に、問題のあるキャパシタを搭載するマザーボードが見つかったことから、その交換費用として、3億700万ドルを計上したと先ごろ発表した。このシステムの交換作業に携わった複数の修理業者によると、問題のマザーボードは、2003年4月から2004年3月にかけて製造されたものだったという。

 Dellでは幹部らが不良キャパシタによって生じた問題への対応を進めているが、彼らのとっての唯一の慰めは、この問題への対応を迫られた大手PCメーカーが同社だけではないことだ。企業各社や請負業者、複数のオンライン掲示板によると、実際にHewlett-Packard(HP)やApple Computer、さらにはIntel製マザーボードを採用する他のPCメーカーでも、同様の問題に直面したことがあるという。

 キャパシタとは、電気を蓄積して電圧を調整するコンデンサのことで、Dell Optiplexワークステーション、Apple iMac G5の一部のマシン、2004年に製造されたHP xwシリーズのワークステーション、そしてIntelの「D865GBF」マザーボードを搭載するPCでも、問題のあるキャパシタが見つかっている。これらの不良キャパシタには、膨張、突出、流出、硬化などの現象が発生し、その結果画面の表示がおかしくなったり、断続的にシステムが停止してしまうことが明らかになっている。

 Dellの「Optiplex GX270」や「Optiplex GX280」に使われていた不良キャパシタの写真は、「Badcaps.net」や「PowerEdgeForums.com」など複数のウェブサイトで公開されている。また、Appleの掲示板や「MacOSG.com」「G5Support.com」などにも不良キャパシタの写真が掲載されたことがある。

 Dellは、同社と契約している部品供給業者の名前を明らかにしていない。同社によると、不良キャパシタが含まれるワークステーションで断続的なシステム停止の問題が生じたものの、それでデータが失われたことはないという。また、AppleおよびIntelの関係者も、自社のシステムに搭載されるパーツについてのコメントを差し控えた。

 これに対して、HPだけは自社の採用した不良キャパシタのメーカー名を明らかにしている。同社によると、それを製造したのは京都にあるニチコンというメーカーだという。

 ニチコンの北米オフィス(イリノイ州ショーンバーグ)に連絡をとったが、同社の広報担当はコメントを差し控えた。京都にある同社の本社にも電話と電子メールで繰り返しコメントを求めたが、回答は得られなかった。

 HPの関係者や複数のファンサイトによると、ニチコンは50年にわたってキャパシタを製造してきた優れた実績をもつメーカーで、同社製品の大部分には全く問題がないという。

 不良キャパシタ(「バッドキャップ」と呼ばれることもある)による問題は、今回が初めてのことではない。3年前には、全く異なる状況ながら、業界全体に影響を与える問題があったことをPassive Component誌が明らかにした。同誌は、複数の台湾メーカーが製造したキャパシタに問題があることを暴露していた。

 今回問題になったのは、色が黒と金の2色で、長さ約2.5センチの低ESR(等価直列抵抗)アルミニウム電解シリンダというキャパシタで、側面にHN(M)およびHM(M)のマークがあり、上部には「X」の文字が刻印されている。このキャパシタは一部のマザーボードやビデオカード、さらにPC、モニタ、ビデオデッキ、テレビなどの電源にも採用されている。

 複数の掲示板への書き込みによると、これらのキャパシタには液電解が過剰注入されていることから問題が生じたという。この液電解とは、過電流からプロセッサを保護したり、5ボルトから約1.5ボルトへと電圧を変換したり、あるいは電流のサージへの対応を助けるものだという。PCメーカー各社はまだ、これが問題の原因になったかどうかを認めていない。

 専門家らによると、キャパシタの寿命は通常7年とされているが、適切に製造されていないものは3〜4年で劣化し始めるという。また、電源の容量不足やコンピュータの過熱、過負荷、プロセッサのオーバークロックなどによっても、キャパシタに早い段階で障害が起きることがある。DellのPCにキャパシタの問題が生じたことはこれまでなかった。

 iSuppliのシニアアナリストMatthew Wilkinsによると、この問題をめぐってPCメーカー各社にどの程度の負担がかかるかを予測するのは難しいが、ただしいくつかの手がかりはあるという。

 「この問題の財務面への影響が大きく、(Dellなどの)主要ベンダーが四半期決算目標を達成できない可能性がある場合は、何らかのコメントがあるはずだ」(Wilkins)

iMac G5でも不良キャパシタが見つかっている。赤い矢印の先にあるのが、問題を抱えたキャパシタ。写真提供:Oliver Kreuzenbeck

問題の発端は、Dell「Optiplex GX270」の一部に、不良キャパシタを搭載するマザーボードが見つかったことだ。写真提供:Ray Blandon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社