お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニーBMGのCDに新たな問題--別のコピー防止用ソフトの削除ツールに脆弱性

2005/11/22 12:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SunnComm Technologiesは米国時間21日、ソニーBMGが配布したコピー防止ソフトのアンインストールプログラムに深刻な脆弱性が存在したことから、これを修正するパッチを公開したと発表した。SunnComm Technologiesの開発するコピー防止技術は、ソニーBMGの一部のCDに採用されている。

 問題のアンインストールプログラムはウェブベースのユーティリティで、ソニーBMG製のCDがユーザーのPCにインストールしてしまったコピー防止ソフトを削除するためのもの。しかし、このアンインストールプログラムに存在する脆弱性が悪用されると、攻撃者に特定のウェブサイト経由で、悪質なプログラムを実行させるおそれがある。SunnCommによると、223名のユーザーが同プログラムを既に利用してしまっているという。

 この脆弱性の影響を受けるのは、同アンインストールプログラムをダウンロードしたユーザーのみで、PCでCDを再生しただけのユーザーは影響を受けない。なお、これは英国のFirst 4 Internetが開発し、ソニーBMGが配布したコピー対策ソフトで物議をかもしたセキュリティ問題とは異なるものだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社