お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

暗い場所でも高画質でブレない--ソニー、新サイバーショット発表

2005/11/01 23:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月1日、暗い場所での撮影や被写体ぶれに強く、高感度で撮影可能なデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの新モデル、「DSC-N1」と「DSC-T9」を発表した。

 DSC-N1(11月18日発売/市場想定価格6万円前後)は、高感度のISO800に対応。速いシャッター速度で撮影できるため、被写体ぶれが防げるのが特徴だ。手ぶれ補正機能は搭載していない。有効画素数810万画素の1/1.8型Super HAD CCDに加え、光学3倍ズームのカール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズを搭載している。

3.0型液晶を搭載したDSC-N1

 液晶には、明るい屋外でも光の反射を抑えるARコート(反射防止処理)を採用。視野角が広く、映りこみを低減した3.0型の「クリアフォト液晶プラス」を搭載している。操作はタッチパネルを採用した液晶画面上で行い、暗い場所でも迷うことなく快適な操作ができる。

 さらに、付属のスタイラスや指を使い、撮影した画像に文字やスタンプを入れることができる「ペイント機能」も付いた。ペイントした画像は、VGAサイズでオリジナル画像とは別に保存される。

 DSC-T9(11月18日発売/市場想定価格4万7000円前後)は、光学式手ぶれ補正機能を搭載し、高感度ISO640に対応。手ぶれや被写体ぶれによる画像のぶれを抑えられるのが特徴だ。有効画素数600万画素の1/2.5型Super HAD CCDに加え、光学3倍ズームのカール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズを搭載している。

手ぶれ補正機能搭載のDSC-T9

 ボディは、カードケースよりも小さくてタバコよりも薄い。ステンレスの素材とゆるやかな曲面で、デザインにも強いこだわりが見える。

 今回発表された2機種は、いずれも撮影した画像にBGMをつけて再生できる「音楽つきスライドショー」機能が搭載されている。付属のマルチ端子ケーブルでテレビに接続すれば、大勢で楽しむことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社