お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

川田工業など、防滴・防塵のヒト型作業ロボ試作機、雨の中でも元気に稼動

2005/09/14 13:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 川田工業(川田忠裕社長)は、独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研、吉川弘之理事長)、川崎重工業(大橋忠晴社長)と共同で、実環境で働く人間型ロボットの試作機「HRP-3P」(HRP-3プロトタイプ)を開発したと発表した。

 「HRP-3P」は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(牧野力理事長)が、02年から5か年計画で実施中の基盤技術研究促進事業「実環境で働く人間型ロボット基盤技術の研究開発」の一環として、川田工業への委託・産総研と川崎重工への再委託により開発された。

 「HRP-3P」は、身長160cm、体重65kg(バッテリ含む)で、腰2軸を含む36自由度をもつ。従来機「HRP-2 Promet」と比べて、新たに防塵・防滴機能を実現。また、滑りやすい状態の路面上の歩行、脚と腕を協調させた制御による作業機能の拡大なども実現した。さらに、無意識動作を自律制御で行う自律・遠隔ハイブリッド型全身操作技術によって操作性を向上させ、操作に適した「遠隔操作コックピット」を開発した。

 こうした新機能・機能強化により、従来のロボットでは作業が難しかった悪環境・苛酷環境下での稼動や、より複雑な作業への対応が可能になり、実環境で働く人間型ロボットへの実現に大きく前進したとしている。06年度には最終成果機を開発する予定。

 なお、「HRP-3P」は、産総研とムービングアイ(小松史男社長)が共同で開発した、実時間Ethernetをロボットの体内LANとして利用した分散処理制御系を採用している。

右:HRP-3 プロトタイプ 左:遠隔操作コックピットとHRP-3P

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社